派遣看護師として働く

結婚や出産によって常勤の看護師として働くことが難しくなった場合に、それでも看護師として働きたいと考える人は少なくありません。
自分や家族の生活に無理のない範囲で看護師としての仕事を続けようと考えているのであれば、パート看護師やアルバイト看護師として働く方法がありますが、こうした看護師には保険の適用もなく、立場としては少し不安を感じる人も少なくありません。
パートやアルバイトと同じようにある程度、余裕をもって働くことができ、かつパートやアルバイトよりも少し安定した立場で働く方法として「派遣看護師」という方法があります。

派遣看護師は短い時間だけ働くことも、フルタイムで働くこともできますし、単発での勤務や長期での勤務も可能です。
場合によっては週に1日だけ、といった希望や曜日の希望も選ぶことができます。
子育て中、介護中の看護師にとってはとてもありがたい働き方です。

パートやアルバイトと違って、基本的に数ヶ月単位で契約をしますし、社会保険の適用を受けることができます。
条件を満たせば労災や雇用保険、年金や健康保険のも加入できるというのは本当に安心ですよね。
さらに、派遣看護師の時給はパート看護師やアルバイト看護師に比べて高めなのもポイントです。

派遣看護師になるためには派遣会社に登録が必要です。
一般的な派遣社員と変わりません。
登録する派遣会社によって扱っている仕事や職場が違っているので、自分にあった派遣会社を見つけて登録しましょう。
給与の支払いや福利厚生に関しても派遣会社が管理しているので、こうした点についても登録時にしっかりと確認しておくことが大切です。

実際、派遣会社によって介護関係の施設への派遣が多い会社があったり、代替え派遣が多い会社があったり、企業看護師の求人の取り扱いが多い会社があったります。
登録する派遣会社が違うと、自分の希望していたような仕事がなかなか見つからないこともあるので、派遣看護師として働くのであれば派遣会社選びには力を入れたいものです。

派遣看護師という働き方は空いた時間を有効に活用したり、今後常勤の看護師に復職を検討している看護師にとっても魅力の大きい働き方です。
看護師にとってブランクは復職への大きな壁になりかねません。
ブランクを作らないためにも、できる範囲で看護師としての仕事を続けていくことが、のちのちの復職にもメリットになることを知っておきましょう。

参考サイトにさせていただいたサイト様
「シングルマザー同好会」
>>http://www.singlemotherclub.net<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>